2017年 秋冬コレクションお薦め新素材

サムネイル画像をクリックすると拡大表示します。

*

CAPE HORN HS1766

99%のスーパー100、パタゴニア・メリノウールに少量ですが1%のカシミヤを混紡した糸で織り上げた340gmsの合冬スーツ地コレクションです。

18.5マイクロンの糸を2/2のツイルで織り上げましたので、しっかりとした耐久性に優れた素材ですが、僅か1%とはいえカシミヤを混紡したことで肌触りの柔らかさも兼ね備えています。

色柄は英国調のコンサバティブのものだけでなく、パープルのバーズアイやワインやフレンンチブルー・ベースのストライプや格子柄等、ファンシーなものも取り揃えた全58色と多彩です。

*

SWAN HILL HS1780

15.5マイクロンのスーパー160ウーステッドに5%のカシミヤを混紡した贅沢な糸で織り上げられた高級スーツ素材です。

細番手のスーパー160ウーステッドの柔らかさを保ちながら260gmsと薄手で軽量でも暖かさを感じ取れる様にカシミヤを混紡してある為、朝晩に少し涼しさを感じる初秋の頃に最適の素材です。

スワンヒルとはオーストラリアの南東部の地名でオーストラリア最長の川、マレー川とロドン川に挟まれた丘陵地帯です。

この地域には良質のメリノ種の羊を育てる牧場が数多くあり、勿論このスワンヒルの原毛もこのエリアの牧場の羊のものです。

色柄は全65色、高級素材らしくシックで落ち着いたものを中心にしていますが、オーダー素材らしい遊び感覚も取り入れシャークスキンの無地だけでスカイブルーやパープルも含め12色も取り揃えてあります。


*

CORDUROYS & MOLESKIN HS1718A

100%コットンのコーデュロイとピ-チスキンのコレクションです。

コーデュロイは280gmsの細畝15色、430gmsの細畝7色、450gms、ストレッチの細畝11色、500gmsの太畝8色、700gmsの太畝12色という5品質、全53色の多彩なバリエーションでパンツからジャケット、コートまでお使い頂ける様に取り揃えてあります。

ピーチスキンは440gmsと615gmsの2品質で全17色。

しっかりとした重厚感のある耐久性に優れた素材です。

新品質のストレッチコーデュロイは独特の着心地でジャケットは勿論、タイトなパンツ素材としてもお薦めです。

*

SHERRY ALPACA HS1790A/B

280gmsの50%スパンウール&30%アルパカ&20%シルクの素材が31色、90%スーパー110ウール&10%カシミヤの素材が5色と2品質、全36色で構成された高級秋冬ジャケット素材です。

2/2のツイルの糸を使っていますので、軽量でも温かみがありシルクの光沢感とアルパカ独特のしなやかさも兼ね備えています。

特にアルパカのしなやかさはルーズになり過ぎない絶妙なドレープ性を持たせて高級素材に相応しい仕上がりになっています。

色柄の選定には特に時間を割いて厳選しており、高級素材といって定番柄に拘らずモダン&セクシーをコンセプトに若い女性服地デザイナーが挑戦的な目線で選びましたので秋冬物ですがレッド、パープル、ブルーグリーン、オレンジといった明るめな色調を多く取り揃えてあります。

合わせるパンツ地としてフランネル、コットン、コーディロイの素材を組み合わせました。

ホーランド&シェリーのコレクション情報をRSSで提供しています。RSSリーダーや対応ブラウザの利用により最新情報を素早くチェックいただけます。RSS

Topics