2016年 秋冬コレクションお薦め新素材

サムネイル画像をクリックすると拡大表示します。

*

CITY SUITS HS1663

特殊なマイクロファイバー、「テクラナ」を使った合冬スーツ地コレクションです。

テクラナはその一本の糸が髪の毛の100分の1程という極細のウルトラ・マイクロファイバーという化学繊維で、最大の特徴は圧倒的に皺にならない点です。

従来の化学繊維を使った皺にならない素材は太めのポリエステルの糸を多用する為、肌触りが硬過ぎ不快感があり皺になり難いとは言えてもならないとまでは言えないものでした。

しかしこのテクラナは極細の繊維で表面に特殊な加工で微細な溝を持たせた為、圧倒的な復元力を持ちながらしなやかで柔らかく肌触りが良い上、温度と湿度の調節機能も天然のコットンより優れているのです。

このテクラナを70%のスーパー100ウーステッドと混紡して280gmsの合冬スーツ地を織り上げました。

(シャークスキン以外の無地物はスーパー120ウーステッドとの混紡で230gmsになります。)

天然のストレッチ性も持ち合わせるこの素材はビジネスやトラベル・スーツとして最適です。

*

SLOANE SQUARE HS1669

スローンスクエアとは英国、ロンドン市内ケンジントン・アンド・チェルシー王立区にある公園で、その周辺エリアは世界的ファッションブランドの店舗や閑静なアパートメントが建ち並び高級感溢れる街並みになっています。

英国ファッションや流行で使用されるスローン・レンジャーやスローニーといった造語の由来の地であり新時代の高級ファッションを代表する地名です。

その名を冠したこの素材はスーパー130ウーステッドを長いシーズン着用出来る250~280gmsの目付けに織り上げた合冬スーツ地です。

色柄は正にスローニー好みの気品のあるトラディショナルにリッチテイストを加えたコンサバティブなラインアップです。


*

PEACOCK HS1682

370gmsの100%ウーステッドのジャケット地コレクションです。

敢えて若干硬めのフィニッシュを施し、肌触りはソフトでも仕立て栄えで英国調トラディショナルを表現出来る様に仕上げてあります。

伝統的な英国カントリー調の色柄を現代風にアレンジしてコンサバティブ風ファンシーな色柄を揃えましたので、タウンシーンにもしっくりくるマットな素材です。

色のパレットは多彩で狩猟や釣りといった英国カントリー・シーンの風景に溶け込む秋冬の自然色を中心にしています。

秋の紅葉の中でしっとりとした落ち着いた雰囲気を演出するのに最適なジャケット素材です。

*

MASQUERADE HS1697B

マスカレード、仮面舞踏会の名を冠したこのコレクションはパーティーウェア素材を多彩に集めたファンシー素材のオンパレードです。

ブルー、パープル、ピンク、レッド、グリーン、ゴールドと原色を中心にしたラメ入り素材、タータン、ベルベット、ジャガード織り、シルク・シャンタンを揃えました。

勿論黒基調、白黒のシルク・タータンやシルバーやホワイトのものも揃えてパーティーウェア素材を網羅してあります。

ホーランド&シェリーのコレクション情報をRSSで提供しています。RSSリーダーや対応ブラウザの利用により最新情報を素早くチェックいただけます。RSS

Topics